私が持っている消費者金融に関するイメージについて

消費者金融に対してはあまりいいイメージは持っていないというのが本音になります。消費者金融のイメージとしてはあまり所得が多くないサラリーマンなどから延々と利息を取り続けることで儲けを出している会社というイメージです。

もちろん利用する本人が悪いのはわかっていますが、自己管理ができない人間が多いことをわかっていて融資を行い、そのような人から利息を取り続けている点があまり好きではありません。

急な出費が必要になったときに利用すると便利ということがよく言われますが、それは上手に新規の顧客を得るための言葉であり、一度利用してしまうと限度額まではカードを使用することでお金を引き出すことができるため、ほとんどの人は自分のお金のように使ってしまうようになります。

すると借金を完済するのは難しい金額になってしまい、延々と利息を支払うようになってしまうのです。コマーシャルではご利用は計画的にといっておきながら、実際には計画的に利用できないことがわかっていて融資をしているところが好きになることができません。

また、消費者金融は基本的に社会になくてもいいもののように感じます。起業する場合には銀行を利用すればいいですし、規模を拡大する場合には株を発行するなどの方法で資金調達するのが基本です。

消費者金融がなくなっても経済には大きな影響はないように感じます。

続きを読む